貸工場を借りるメリットは?貸工場の概要や物件の選び方など貸工場に関する役立つ雑学をご紹介

このサイトでは、貸工場を利用することを検討している人たちの役に立つ情報を公開しています。
利用を検討する人の中には、自社工場を利用するのとどちらが得なのか、気になる人が多いです。
また、職種により利用したほうがいい・悪いが存在していることなども、理解するべきことだといえます。
物件の選び方を適切に把握することで、利用することの利点を理解することが可能です。
納得できる活用の仕方を考えるための参考になります。

貸工場を借りるメリットは?貸工場の概要や物件の選び方など貸工場に関する役立つ雑学をご紹介

貸工場をレンタルするメリットとなるのは、一時的に業務が大きく拡大したときに敷地や設備の範囲内で納められる業務を遂行できることです。
一時的な業務拡大で自社工場を拡大することで、出費が多くリターンが見込めないことも少なくないといいます。
貸工場は利用する企業が安全かつ効率よく業務を行えるようにするための設備です。
自社のニーズに合っている期間内だけ、効率よく利用できる物件を見つけるためには、口コミサイトや不動産業者の中でもネットに詳しい所を見つけることが重要となります。

貸工場とはどのような工場のこと?

貸工場とは、工場として使用することができる建物のことで、そのほとんどは様々な器具や道具が備え付けられているため、用途が合えばそのまま使用できることが特徴です。
また、日本では地区によって工場などを建設してはいけなかったり、許可をなければならないことが法律で定められていますが、貸工場の場合にはこれらの準備が事前に全て整えられていることが多いので、すぐに操業をすることができる場合が多いのも特徴となっています。
これを利用することで余分な先行投資を必要とせず、効果的に利用できるのがメリットです。
一般的には従来その場所で何らかの工場を運営しており、そのままの状態で貸し出すいわゆる居抜きのものとなるので、その設備の状態などは貸工場によって様々です。
借りる場合にはこれらの条件を十分に確認し、また設備の状態などもチェックした上で効果的に利用できるものを選ぶことが大切であり、同時に周辺環境なども十分に確認することが大切です。

貸工場を選ぶことでどんなメリットがある?

貸工場は、自社工場と比べて様々なメリットがありますが、まず挙げられるのは初期費用が抑えられることです。
自社工場を持つには多額の初期費用が必要になりますが、起業間もない時期は資金繰りに難航するケースが少なくありません。
特に2,000平方メートル以下の小規模な工場の場合、建築コストが高額になる傾向がありますが、貸工場は自社工場と比べて初期費用が大幅に抑えられます。
貸工場の初期費用は、前家賃・礼金・保証金・仲介手数料となっており、家賃換算で半年分から1年分ほどが目安です。
新たな設備を導入する場合は初期費用は高くなるものの、自社工場を持つよりも圧倒的にコストは安くなるので、資金繰りが苦しいケースでもスムーズに操業をスタートさせることができます。
移転がしやすいのも利点のひとつです。
貸工場は、製造する製品に変化が生じたり、生産量が増加して既存の設備では物足りなくなったりした場合でも、比較的簡単に移転することができます。
また、地震などの自然災害で被害を受けた際の対応策として、移転を選択しやすいのは大きなメリットと言えるでしょう。

初期費用が抑えられることも貸工場のメリット

初期費用が抑えられることも貸工場のメリットであり、特に新しい製品を製造する場合でのコストメリットを発揮します。
工場を建設する場合、建物の建築から製造ラインに入れる機会の購入・設置といった莫大な資金が必要になります。
その資金を回収するためには安定的に製品が販売されることが前提であるため、新たな商品開発を行う場合にはリスクになりかねません。
一方の貸工場であれば、利用のための費用はかかるものの建築などと比べると格段にリーズナブルに利用が可能です。
実際に製造してみて採算が合うようであれば継続的に行い、自社工場を建築するための費用を貯めたり新たに製造ラインを借りる契約をするのも良いでしょう。
すでにある工場側としてみれば、稼働率が100%を目指さないと利益の最大化になりません。
需要と供給のバランスによってはラインが動かないというケースもあるため、他者で借りてくれれば利用料を得られるというメリットが働く戸井側面もあります。

移転のしやすさも貸工場のメリット

施設を利用する貸工場であれば準備に追われることな容易に操業を開始できます。
実際に工場を建設するよりも低コストで運営ができますので貸工場を利用した方が得です。
別の地域に転居することになった時に、工場を閉鎖する費用を抑えられます。
工場を建設し終わってから、予想とは違う工場が建設された時に、トラブルに発展することがないです。
自分の予算にあった貸工場を選ぶことになりますので、工場経営初心者でも操業できるようになります。
長年使っていて不要になったり、一定の期間だけ利用するといった時などに建設費用が不要でレンタル料だけを支払えばいいので、利益を取得できる可能性が高くなります。
レンタルできる工場は複数ありますので、実際に現場を見て自分が描いている工場形態になっているかを確認する必要があります。
今の会社での事業拡大を目指している会社であれば、貸工場は理にかなったものになります。
工場と会社の距離が長いと移動するだけで時間がかかってしまいますので、手間と時間を省くためにも利用することをおすすめします。

貸工場に関する情報サイト
貸工場のお役立ち情報

このサイトでは、貸工場を利用することを検討している人たちの役に立つ情報を公開しています。利用を検討する人の中には、自社工場を利用するのとどちらが得なのか、気になる人が多いです。また、職種により利用したほうがいい・悪いが存在していることなども、理解するべきことだといえます。物件の選び方を適切に把握することで、利用することの利点を理解することが可能です。納得できる活用の仕方を考えるための参考になります。

Search